仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

ネオ 仮想通貨一覧

ネオ(NEO)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はネオ(NEO)をご紹介いたします。

ネオ(NEO)を購入できる取引所まとめ

ネオは、様々な分散アプリケーションの開発が行われているプラットフォームであり、そこで利用できるコインでもあります。

ここでは2018年1月現在、ネオを取引・購入できる取引所を紹介していきます。

残念ながら、国内の仮想通貨取引ではネオの取り扱いはないため、取引・購入する場合は海外の取引所に登録をする必要があります。

ネオを取り扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中でも仮想通貨の取引量が多い「Binance(バイナンス)」での取引方法を紹介していきます。

Binance(バイナンス)での買い方

バイナンスは国内の取引所とは比較にならないほど、数多くの仮想通貨を取り扱っていることで知られている取引所です。

バイナンスでの取引にはアカウント登録が必要ですが、新規アカウントの発行を制限しているタイミングもありますので注意しましょう。

アカウントを作成したら、口座に入金をするのですが、国内の取引所のように日本円を銀行口座に振り込むのではなく、バイナンスの指定アドレスにビットコインやイーサリアム、リップルなど仮想通貨を送金しなければなりません。

つまり、現状では国内の取引所のアカウントがなければバイナンスでの取引はできません。

具体的な方法としては、バイナンスの「資産」メニューから、送りたい仮想通貨を選択し、「預金」ボタンを押すと送金用のアドレスが出てきますので、ここに国内の取引所から送金します。

バイナンスで入金が確認できたら、トップページから購入したい通貨ペア、ここではNEO/BTCまたはNEO/ETHをクリックし、表示されたトレード画面上で価格を指定して注文。これが成立すれば、無事取引完了です。

なお、バイナンスの独自コインであるBNBを利用したNEO/BNB、また、米ドルを利用したNEO/USDTのトレードも可能です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ネオ(NEO)の価格推移

ここでは、2017年のネオの価格推移を、日本円ベースでみていきます。

1月時点では10円台にすぎず、これがようやく100円を突破したのが5月のこと。

ここから徐々に上昇トレンドに入り、8月上旬に1,000円を超え、同月中旬には一気に5,000円台に。

そこから先は2,000円~4,000円を上下しながら進んでいきますが、12月に入ると再び上り基調に。

12月中旬には8,600円台をつけて、この年の最高値を記録します。

年が明けても勢いはそのままに、1月中旬には18,000円台にまで上がっていきました。

その後、仮想通貨全体の暴落があったものの再び上昇に転じ、2018年1月末現在で180,000円台。前年度同月比で18,000倍という超高騰ぶりを見せています。

ネオ(NEO)の将来性はどう?

多彩なアプリと連携できるプラットフォームが魅力のネオですが、これまで中国発の仮想通貨という地の利を生かして、次々に地元企業との提携し、その活躍の場を広げてきました。

その勢いは中国だけに収まることなく、2017年にはマイクロソフトとも提携。

2018年には「Devcon」というブロックチェーンの開発者によるコンテストを行うなど、国内にとどまらない勢いを見せています。

こうしたイベントが成功すれば、ネオは将来的にさらに飛躍していくと考えられます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ネオ(NEO)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

一方で、ネオはマイニングという仕組み自体を採用していません。

では、ネオを手に入れるためには、取引所でトレードする、または購入するしかないのかというと、そうではありません。

実は、ネオというプラットフォームには、ネオという通貨の他に「ガス」という通貨が存在しており、ネオを「保有している」ことのインセンティブとして、「ガス」をもらうことができます。

ネオとガスは同じプラットフォームで利用されている仮想通貨ですが、それぞれ独立した通貨であることに注意しましょう。

ネオ(NEO)の特徴

ネオは、イーサリアムと同様、スマートコントラクト技術を組み込んだプラットフォームです。

コントラクトとは「契約」の意味で、ブロックチェーンを利用してスマートに契約行為を行うことのできる仕組みとなっています。

ネオはこのシステムを利用して、スマートファンドやSNS、知的財産取引市場、未来予測市場、広告市場など、様々なアプリケーションを開発中。

このアプリの豊富さから、ネオは様々なアルトコインの長所を抜き取ったような存在であると言われています。

また、ネオは中国で開発されたプラットフォームで、キャッシュレス化が進む中国の地の利を生かし、現地の企業と協力して独自の経済圏を広げています。

2017年には実際に、中国のamazonと称されるアリババグループと提携するなど、今後もその規模は拡大していくと予想されます。

まとめ

中国版イーサリアムとも呼ばれたネオですが、その勢いはイーサリアム以上のものがあり、あっという間に時価総額で全仮想通貨のうち6位までに上り詰めてきました。

アプリケーションの豊富さなど、実用面ではビットコインも含めて上位の仮想通貨以上の実力と評価されることもあり、2018円に最も注目される仮想通貨のひとつとなることは間違いありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-ネオ, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...