仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

リスク 仮想通貨一覧

リスク (LSK)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はリスク(LSK)をご紹介いたします。

リスク (LSK)を購入できる取引所まとめ

オンライプラットフォーム「LISK」で利用される仮想通貨が「リスク(LSK)」。

2018年1月現在、国内でネムを取り扱っている取引所はほぼありませんが、bitflyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)で取引・購入をすることができます。

両方取引所とも、リスクを取引するだけでなく、入金してある日本円やクレジットカードで購入することもが可能です。

ここでは、bitflyer(ビットフライヤー)でのリスクの買い方について、紹介していきます。

※取引とは、取引所を経由して市場の仮想通貨を売買(トレード)することを指します。
※購入とは、取引所が保有する仮想通貨を買うことを指します。

bitflyer(ビットフライヤー)での買い方

bitflyer(ビットフライヤー)でのリスクの取引・購入には口座が必要となりますので、まず取引アカウントを作成し、口座を開設します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

口座開設後は、日本円を入金すれば「アルトコイン販売所」のページから注文をすることができます。

bitflyer(ビットフライヤー)ではLSK/JPY(日本円)でトレード可能です。

「アルトコイン販売所」の「リスク」のページで数量を指定すれば購入できます。

リスク (LSK)の価格推移

ここでは、2017年のリスクの価格推移を日本円ベースでみていきます(コインチェックにデータのある4月以降のみ)。

4月時点では20~30円台。徐々に値を上げていき、5月に一気に200円を突破するまで高騰。

勢い止まらず6月には一時500円を抜けて、この年のひとつめのピークを作ります。

一旦落ち着きを取り戻し、200~300円台を漂っていたリスクですが、8月末に再び急騰。

前回のピークをやすやすと超え、一時1,000円に迫ります。

さらに11月の口頭では1,000円も突破して、そのままの勢いで12月には4,000円を突破し、年初来高値の4,857円を記録。

その後は、仮想通貨全体の暴落があり、2018年1月末現在は2,500円前後となっていますが、2017年4月時点と比べると、100倍という高騰ぶりを見せています。

リスク(LSK)の将来性はどう?

リスクの特徴については後述しますが、イーサリアムと同様に「スマートコントラクト」という仕様を持っていることが、このコインの強みです。

しかしながら、2018年1月現在では、そのスマートコントラクトが実用されているとは言えず、それが普及するにはまだまだ時間がかかりそうです。

イーサリアムの上位互換ともいうべき仕様を備えたのがリスクですので、スマートコントラクトが普及されるようであれば、大幅に値を上げることも予想されます。

リスク(LSK)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

一方で、リスクにもこうした仕組みはあるのですが、リスクには上限発行量がないため、マイニング=(限りあるものを)採掘するという表現ではなく、「フォージ(鍛造)」と呼ばれています。

リスクのフォージは、LISKの公式ウェブサイト上で、ウォレットをダウンロードし、アカウントを作成すればよいのですが、「フォージに参加するには、システム内の有権者によって上位101人の代表者に選ばれる必要がある」という注意点があります。

上位に選ばれるためには、相当数のコインを持たなければならず、誰でも簡単にフォージに参加できるわけではありません。

リスク (LSK)の特徴

少し紛らわしいのですが、リスクは仮想通貨ありきで存在するコインではなく、LISKというオンラインプラットフォーム上で活用できるコインとして誕生したものです。

この関係は、イーサリアムとイーサ(ETH)と同様です。

そのため仕組み自体は似ていて、ビットコインなどと違って「スマートコントラクト」を実装できるという点も同様です。

コントラクトとは「契約」の意味で、ブロックチェーンを利用してスマートに契約行為を行うことのできるシステムということ。

これによって契約行為に対する不履行などの危険性を減らすことができます。

イーサリアムとリスクの違いは、リスクが「サイドチェーン」というシステムを搭載しているところにあります。

これは、メインとなるブロックチェーンとは別のブロックチェーンを用意する仕組みで、メインチェーンの負荷を低減して処理速度を上げたり、ハッキングへの対応力を上げたりすることが可能となっています。

まとめると、イーサリアムをより進化させた仕様を持つプラットフォームがLISKであり、そこで利用できる仮想通貨がリスク(LSK)というように捉えることができます。

まとめ

イーサリアムよりも強固なセキュリティ能力を持つ仮想通貨として、2017年に大きく高騰したリスクですが、現状ではそれに対応するアプリケーションが実用的になっているわけではありません。

そのため、今の値動きだけを見て投資に踏み切るのは不安の残るところ。

開発者グループの動向にも注意しながら、慎重に購入時期を見極めていきましょう。

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-リスク, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...