仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

ファクトム 仮想通貨一覧

ファクトム (FCT)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はファクトム(FCT)をご紹介いたします。

スポンサーリンク


ファクトム (FCT)を購入できる取引所まとめ

ビットコインを応用した「ビットコイン2.0」のプラットフォームのひとつとして誕生したファクトム。

2018年1月現在、国内でファクトムを取り扱っている取引所はほぼありませんが、唯一、coincheck(コインチェック)で取引・購入をすることができます。

コインチェックでは、ファクトムを取引するだけでなく、入金してある日本円やクレジットカードで購入することもが可能です。

ここでは、コインチェックでのファクトムの買い方について、紹介していきます。

※取引とは、取引所を経由して市場の仮想通貨を売買(トレード)することを指します。
※購入とは、取引所が保有する仮想通貨を買うことを指します。

coincheck(コインチェック)での買い方

コインチェックでのファクトムの取引・購入には口座が必要となりますので、まず取引アカウントを作成し、口座を開設します。

口座開設後は、日本円を入金すれば「トレードビュー」のページから注文をすることができます。

この際、FCT/JPY(日本円)か、BTC(ビットコイン)の残高があればFCT/BTCを選んでトレード可能です。

コインチェックでファクトムを購入する場合、入金してある日本円での購入か、クレジットカードでの購入を選ぶことができます。

「ウォレット」内の「コインを買う」または「クレジットカードで買う」のページでファクトムを選び、数量を指定すれば購入できます。

スポンサーリンク

ファクトム (FCT)の価格推移

ここでは、2017年のファクトムの価格推移を日本円ベースでみていきます(コインチェックにデータのある4月以降のみ)。

4月当初は400円台でしたが、ジリジリと上昇し始めて5月には1,000円を突破。

さらに6月には大きな伸びを見せて、4,300円台となって、この年最初のピークを作ります。

それから一旦根を下げて、一時は1,000演題まで戻るも、上下動を繰り返しながら12月に再び最高値にチャレンジ。

大晦日には7,000円台に迫る勢いを見せ、開けて元旦に7,000円を突破。そのままの勢いで10,000円をも突破しました。

その後は、仮想通貨全体の暴落があり、2018年1月末現在は5,000円前後となっていますが、2017年4月時点と比べると、12倍程度高騰しています。

スポンサーリンク


ファクトム(FCT)の将来性はどう?

ファクトムは後述する特徴から、データの保管や証明を意識して作られたプラットフォームで、個人情報などを管理するのに向いている仕組みとなっています。

登記簿などとも親和性が高いため、都道府県や市区町村といった行政分野で広がりを見せる可能性があります。

「自治体が仮想通貨を採用するなんて信じられない」と感じるかもしれませんが、エストニアのように仮想通貨に積極的な国もあります。

また、日本でもメガバンクがブロックチェーンを取り入れた電子コインを発行する時代ですから、政府がこうした仕組みを取り入れることが100%ないとは言えません。

仮に今後、国内外の官庁や自治体がファクトムを採用するようになったとすれば、その価値は大きく上昇すると考えられます。

ファクトム(FCT)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

ビットコイン2.0という、ビットコインの進化系ともいうべきシステムで構成されるファクトムも同様に、マイニングすることが可能です。

ただし、ファクトムはビットコインと違って発行量上限がないため、マイニングする限り永久に新規通貨が発行される仕組みとなっています。

そのため、発行量が増えすぎるとインフレを起こす可能性もあります。

スポンサーリンク


ファクトム (FCT)の特徴

ファクトムはビットコインを進化させたビットコイン2.0という技術によって開発されたプラットフォームで、「記録する」分野に長けています。

例えば、登記簿や保険証書、契約書など、世の中にはいろいろな書類が溢れています。

以前はこれを手作業で記録していましたが、これでは信頼性はイマイチです。

現在では、この作業の一部がPCで行われていますが、それでも別のデータ同士を照合したり、そのデータが合っていることを証明したりするには大変な手間がかかります。

この作業を、ブロックチェーンに記録することで、スピーディかつ安全に行って行こうというのがファクトムの目的です。

そのための仕様として、ビットコインはひとつのブロックチェーンしか持っていませんが、ファクトムは3つのブロックチェーンを同時に採用しており、これによって取引記録のスピード化と信頼性の強化を図っています。

まとめ

「仮想通貨といえばビットコイン」というくらい、世間一般にも浸透しているビットコインですが、ファクトムはビットコイン2.0のプラットフォームを採用していると言っても、大きく異なるところがあります。

それは、ビットコインには管理する中央がいない、非中央集権的な通貨なのに対し、ファクトムはFactom社に運営されているため、ごく中央集権的なプラットフォームであり、仮想通貨です。

Factom社の動きによって、その価値が上下する可能性がありますので、を購入する際には、こうした点も考慮しておくようにしましょう。

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-ファクトム, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...