仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

エレクトロニウム 仮想通貨一覧

エレクトロニウム(ETN)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はエレクトロニウム(ETN)をご紹介いたします。

エレクトロニウム(ETN)を購入できる取引所まとめ

スマートフォンなどのモバイルインターフェイスに特化した仮想通貨、エレクトロニウム。

ここでは2018年1月現在、エレクトロニウムを取引・購入できる取引所を紹介していきます。

残念ながら、国内の仮想通貨取引ではエレクトロニウムの取り扱いはないため、取引・購入する場合は海外の取引所に登録をする必要があります。

エレクトロニウムを取り扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中でもニュージーランドの取引所である「Cryptopia(クリプトピア)」での取引方法を紹介していきます。

Cryptopia(クリプトピア)での買い方

国内の取引所では、多くても10数個の仮想通貨が取り扱われているだけですが、クリプトピアではなんと500以上の仮想通貨が扱われています。

ここで取引をするためには、国内の取引所同様、まずアカウントを登録する必要があります。

アカウントを作成したら、口座に入金をするのですが、国内の取引所のように日本円を銀行口座に振り込むのではなく、クリプトピアの指定アドレスにビットコインやイーサリアムなど仮想通貨送金しなければなりません。

つまり、現状では国内の取引所のアカウントがなければクリプトピアでの取引はできません。

具体的な方法としては、ログイン後に出てくるページにあるビットコインマークをクリックし「Deposit」を選択します。

すると、送る通貨を選ぶことができますので、ビットコインを選択します。すると送金用のアドレスが出てきますので、ここに国内の取引所から送金します。

クリプトピアでビットコインの入金が確認できたら、「Exchange」を選び、購入したい仮想通貨、ここではETNを選択します。

すると、ETN/BTCチャートや取引画面が出てきますので、ここ価格を指定して注文。成立すれば、無事取引完了です。

エレクトロニウム(ETN)の価格推移

エレクトロニウムは8月4日に公開され、11月から取引が開始されていますので、ここでは11月以降の価格推移を、日本円ベースで紹介します。

公開当初10円の値を付けたものの、そのまま下落して、11月中は大きな値動きはありませんでした。

12月中旬には14円となり、これが2017円の最高値となりました。

年が明けると一気に加速して22円に到達。

その後は、少し値を下げ、2018年1月末現在で10円台前半となっています

エレクトロニウム(ETN)の将来性はどう?

エレクトロニウムは2017年8月に公開されたばかりの仮想通貨で、まだ目立った値動きもないため、これから注目されていくコインのひとつと言えます。

ただ、スマートフォンなどモバイルインターフェイス向けの仮想通貨ということで、これが市場に受け入れられれば、将来的にその価値は上がっていくと考えられます。


エレクトロニウム(ETN)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

これと同様の仕組みはエレクトロニウムにも採用されていますので、エレクトロニウムをマイニングすることは可能です。

ジーキャッシュもこの仕組みを持っており、例えば自宅のPCであっても「マイナー」と呼ばれるアプリケーションソフトをインストールし、送金先のアドレスを指定して起動させることで、マイニングを行うことができます。

このほか、「マイニングプール」と呼ばれる、複数のPCの力でマイニングを行うサイトに登録し、報酬をもらうという方法もあります。

また、モバイルに特化した仮想通貨ということもあり、スマートフォンを利用したマイニングアプリなどもリリースされる予定となっています。

エレクトロニウム(ETN)の特徴

エレクトロニウムの特徴は、モバイルに特化した仮想通貨であるということ。投資・投機目的でない、実用的な仮想通貨を目指して開発されています。

また、ユーザーフレンドリーで誰もが馴染みやすいような仮想通貨を標ぼうしていて、PC上で複雑な操作をしなくても、スマートフォンにアプリをダウンロードするだけで誰でも決済手段に使えたり、マイニングしたりできるという特徴があります。

発行量も210億枚と豊富で、これは開発チームの「現在の法定通貨とのズレが少ない仮想通貨を作りたい」という意思が現れたもので、他の仮想通貨のように「0.000000~」といった分かりにくい数値になってしまうことがない仕様となっています。

まだスタートしたばかりの仮想通貨ですが、これまでにはない実用的で身近な仮想通貨として注目を集めていきそうです。

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨の理念に共感しながらも「実用的ではない」と感じた開発チームが、とにかく実用的な仮想通貨を作りたいという理念のもとに作り上げたエレクトロニウム。

生活するうえでスマートフォンなどのモバイルインターフェイスが欠かせない現代において、エレクトロニウムのインフラが整えば、決済や送金などの利便性が飛躍的に向上するかもしれません。


各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-エレクトロニウム, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...