仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

イーサリアム 仮想通貨一覧

イーサリアム(ETH)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はイーサリアム(ETH)をご紹介いたします。

イーサリアム(ETH)を購入できる取引所まとめ

イーサリアムはビットコインに次いで流通量の多い、仮想通貨の古参だけあって、多くの仮想通貨取引所で購入・取引することができます。

2018年1月現在、イーサリアム(ETH)を取引・購入できる、主な国内取引所を紹介していきます。

  • bitFlyer(ビットフライヤー) 購入可能(クレジットカードでの購入不可)
  • coincheck(コインチェック) 取引・購入可能(クレジットカードでの購入可)
  • bitbank(ビットバンク) 取引可能(ETH/BTCのみ)。購入不可。
  • BitTrade(ビットトレード) 取引可能(ETH/BTCのみ)。購入不可。
  • BITPOINT(ビットポイント) 取引可能。購入不可。
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ) 取引可能。購入不可。

※取引とは、取引所を経由して市場の仮想通貨を売買(トレード)することを指します。
※購入とは、取引所が保有する仮想通貨を買うことを指します。

ビットトレードでの買い方

上記の取引所の中から、ここではビットトレードで仮想通貨を取引・購入する方法を紹介していきます。

取引・購入いずれの場合にも口座が必要となりますので、まず取引アカウントを作成し、口座を開設します。

ビットトレード

口座開設後は、日本円を入金すれば画面左上の各仮想通貨のページから注文をすることができます。

ビットトレードではETH/BTC(ビットコイン)でトレード可能です。


イーサリアム(ETH)の価格推移

ここでは、2017年のイーサリアムの価格推移を日本円ベースでみていきます。

1月時点では1,000円台前半でしたが、3月に入って高騰しはじめ、同月中には6,000円を突破。ここで少し落ち着きますが、4月末に勢いが加速して、6月中旬には48,000円を超えます。

ここから下落が続き、7月には15,000円前後まで落ち込みましたが、9月には再び5万円台に迫ります。

11月末まで、この間を上下していたイーサリアムは、12月に入って急騰。

とうとう10万円を突破し、そのままの勢いで2018年1月には18万円台まで上り詰めました。

その後は、仮想通貨全体の暴落があり、2018年1月末現在で12万円前後。それでも、前年度同月比で12倍の高騰ぶりを見せています。

イーサリアム(ETH)の将来性はどう?

イーサリアムの今後は、どのタイミングでスマートコントラクトが実装されるのか、ということにかかっています。

イーサリアムとスマートコントラクトの関係については後述しますが、簡単に言えば、ブロックチェーンに金銭のやり取りだけでなく、契約行為も記録できるコインがイーサリアムということです。

ただし、現時点ではその機能は実装されていません。

この仕様が正式にリリースされるとなれば、イーサリアムは他の仮想通貨よりも実用性のあるものとして、その価格が大きく跳ね上がる可能性を秘めています。

イーサリアム(ETH)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。

これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

イーサリアムもこの仕組みを持っており、例えば自宅のPCであっても「マイナー」と呼ばれるアプリケーションソフトをインストールし、送金先のアドレスを指定して起動させることで、マイニングを行うことができます。

ただし、現状では他の多くの仮想通貨同様、自宅用PCのスペックでマイニングできるコインの量はごく少ないものです。

また、マイナーを経由したウィルス侵入などの危険性もありますので、十分に注意して行う必要があります。

このほか、「マイニングプール」と呼ばれる、複数のPCの力でマイニングを行うサイトに登録し、報酬をもらうという方法もあります。

イーサリアム(ETH)の特徴

将来性のところでも書いた通り、ビットコインと比較した場合のイーサリアムの大きな特徴は「スマートコントラクト」の開発が進んでいるところです。

コントラクトとは「契約」の意味で、ブロックチェーンを利用してスマートに契約行為を行うことのできるシステムということです。

例えば、AさんがBさんの持っているブランド服を10万円で買うという契約をした場合、先にAさんがお金を支払ってしまえば、この10万円を持ち逃げされる危険性があります。

そこで、ブロックチェーン上に、「Bさんの服が郵送されたという記録が入ったら、AさんからBさんに10万円分のコインが送られる」という契約を書き込みます。

こうすることで、Aさんにとっては服が送られてこないリスクが、Bさんにとっては送金されないリスクがなくなります。

従来はこうしたリスクを避けるために「契約書」を作るのですが、どちらかが契約違反をした際に頼るところは裁判所しかないため、この履行を迫るのは大変な作業でした。

そういった点で、ブロックチェーン上で同時履行をこなすシステムは「スマート」であると言えます。

ただし、イーサリアムにこの機能はまだ実装おらず、2018年1月現在では開発中となっていますので、今後の動向に注目していきましょう。

まとめ

スマートコントラクトという、まさにフィンテックが生んだ革新的なアイデアを実現しようとしているイーサリアム。

この成否によって、コインの価格も大きく変わってくると考えられます。

イーサリアムを開発したのは天才と呼ばれる若干23歳のヴィタリック・ブテリン氏ですが、最新の動向を掴むためには、彼のツイッターなどをフォローしておくと良いかもしれません。

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-イーサリアム, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...