仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

ダッシュ 仮想通貨一覧

ダッシュ(DASH)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はダッシュ(DASH)をご紹介いたします。

スポンサーリンク


ダッシュ(DASH)を購入できる取引所まとめ

2014年のリリース当初は「ダークコイン」という名称でしたが、翌年に名称変更されたダッシュ。

2018年1月現在、国内でダッシュを取り扱っている取引所はほぼありませんが、唯一、coincheck(コインチェック)で取引・購入をすることができます。

コインチェックでは、ダッシュを取引するだけでなく、入金してある日本円やクレジットカードで購入することもが可能です。

ここでは、コインチェックでのダッシュの買い方について、紹介していきます。

※取引とは、取引所を経由して市場の仮想通貨を売買(トレード)することを指します。
※購入とは、取引所が保有する仮想通貨を買うことを指します。

coincheck(コインチェック)での買い方

コインチェックでのダッシュの取引・購入には口座が必要となりますので、まず取引アカウントを作成し、口座を開設します。

口座開設後は、日本円を入金すれば「トレードビュー」のページから注文をすることができます。

この際、DASH/JPY(日本円)か、BTC(ビットコイン)の残高があればDASH/BTCを選んでトレード可能です。

コインチェックでダッシュを購入する場合、入金してある日本円での購入か、クレジットカードでの購入を選ぶことができます。

「ウォレット」内の「コインを買う」または「クレジットカードで買う」のページでダッシュを選び、数量を指定すれば購入できます。

ダッシュ(DASH)の価格推移

ここでは、2017年のダッシュの価格推移を日本円ベースでみていきます(コインチェックにデータのある4月以降のみ)。

4月当初は6,000~7,000円台だったダッシュは、順調に値を上げていき、4月末には10,000円を5月には20,000円を突破。

その後もなだらかに上昇傾向となって、8月からさらに勢いを増して、40,000円台となります。

9月以降は比較的落ち着いた値動きをしていましたが、11月に入ると急騰します。

12月にかけて一気に急加速して、なんと最高値は180,000円台。

その後は、年が明けて仮想通貨全体の暴落があり、2018年1月末現在は800,000円前後となっていますが、2017年4月時点と比べると、12倍程度高騰しています。

スポンサーリンク


ダッシュ(DASH)の将来性はどう?

後述する通り、ダッシュの特徴は、決済スピードの速さと匿名性の高さです。

こうした点が評価されて、国の公式通貨として認定される動きが進んでいます。その国とは、ジンバブエです。

南アフリカにあるジンバブエは、超インフレーションの影響で自国の通貨が廃止に追い込まれていて、住民が買い物にUSドルを使わなければならない状況となっています。

これに代わるものとして白羽の矢が立っているのがダッシュです。

こうした取り組みが成功すれば、ダッシュの社会的な信用が上がり、その価値も安定したものになるのではないかと考えられています。

ダッシュ(DASH)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

ダッシュもこの仕組みを持っており、例えば自宅のPCであっても「マイナー」と呼ばれるアプリケーションソフトをインストールし、送金先のアドレスを指定して起動させることで、マイニングを行うことができます。

ただし、現状では他の多くの仮想通貨同様、自宅用PCのスペックでマイニングできるコインの量はごく少ないものです。

また、マイナーを経由したウィルス侵入などの危険性もありますので、十分に注意して行う必要があります。

このほか、「マイニングプール」と呼ばれる、複数のPCの力でマイニングを行うサイトに登録し、報酬をもらうという方法もあります。

スポンサーリンク


ダッシュ(DASH)の特徴

ダッシュは、オープンソースとなっているビットコインのシステムをベースとして、さらに仮想通貨としての利便性を高めたものとなっています。

ビットコインとの違いとしては、「InstantX」という技術を採用していることで、スピーディな決済ができるという点です。

現状、ビットコインでは送金や決済の確認には非常に時間がかかりますが、ダッシュであればすぐに確認が取れますので、例えば店頭決済などに有利です。

また、ビットコインでは取引全ての流れ、例えば送金元のアドレスや、どのアドレスがいくら受け取っているかなどを含めて公開されています。

ですが、ダッシュは「Darksend」という仕組みを採用することで、送信者を特定できないようにしています。

これによって匿名性の高い取引ができるという点も、ダッシュの特徴のひとつです。

まとめ

自動販売機などとも親和性の高い、スピーディな決済と匿名性の高さが魅力のダッシュです。

ですが、一方で匿名性が高いことに関しては、マネーロンダリングなどの温床となるのではという否定的な意見も見られます。

匿名性が高いほうがいいのか、すべて公開されている方がいいのかという議論に対する答えは、最終的に一般社会がどちらを選ぶかを待たなければなりません。

少なくともダッシュが「高い匿名性」に振り切った使用であるということは考慮して、投資を行っていきましょう。

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-ダッシュ, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...