仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

アリス 仮想通貨一覧

アリス(ALIS)の特徴・購入できる取引所・今後の将来性を予測

2018/02/04

仮想通貨購入方法ガイドおすすめの仮想通貨をご紹介!

今回はアリス(ALIS)をご紹介いたします。

アリス(ALIS)を購入できる取引所まとめ

ブロックチェーン技術を利用した、日本発信のSNSプラットフォームとして、そしてそこで利用できる仮想通貨として注目を集めるアリス。

ここでは2018年1月現在、アリスを取引・購入できる取引所を紹介していきます。

残念ながら、国内の仮想通貨取引ではアリスの取り扱いはないため、取引・購入する場合は海外の取引所に登録をする必要があります。

アリスを取り扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中でもニュージーランドの取引所である「Cryptopia(クリプトピア)」での取引方法を紹介していきます。

Cryptopia(クリプトピア)での買い方

国内の取引所では、多くても10数個の仮想通貨が取り扱われているだけですが、クリプトピアではなんと500以上の仮想通貨が扱われています。

ここで取引をするためには、国内の取引所同様、まずアカウントを登録する必要があります。

アカウントを作成したら、口座に入金をするのですが、国内の取引所のように日本円を銀行口座に振り込むのではなく、クリプトピアの指定アドレスにビットコインやイーサリアムなど仮想通貨送金しなければなりません。

つまり、現状では国内の取引所のアカウントがなければクリプトピアでの取引はできません。

具体的な方法としては、ログイン後に出てくるページにあるビットコインマークをクリックし「Deposit」を選択します。

すると、送る通貨を選ぶことができますので、ビットコインを選択します。

すると送金用のアドレスが出てきますので、ここに国内の取引所から送金します。

クリプトピアでビットコインの入金が確認できたら、「Exchange」を選び、購入したい仮想通貨、ここではALISを選択します。

すると、ALIS/BTCチャートや取引画面が出てきますので、ここ価格を指定して注文。成立すれば、無事取引完了です。

アリス (ALIS)の価格推移

ここでは、2017年11月以降のアリスの価格推移を日本円ベースでみていきます。

11月は一時80円台の根を付けるも、多くの時間は25〜50円台を推移していました。

12月に入ると、一段階上の50〜70台で上下動しています。

これが高騰するのが、年明けの2018年1月。年初から100円を突破すると、そのままの勢いで140円台に到達。一時150円に迫りました。

その後は下落して、2018年1月末現在では60円前後となっています。

アリス(ALIS)の将来性はどう?

アリスのプラットフォームはまだ開発途中のため、今後のことを予測することは難しいです。

ですが、ソーシャルネットワーク・メディアとして良質なコンテンツを集めることができればネットユーザーからは一定の指示を集めることは間違い無いでしょう。

日本のウェブサービスとして新たなポジションを開拓することができれば、そこで利用されているトークンの「ALIS」の価値も大きく上がっていくと考えられます。

いずれにせよ、まずは4月のβ版公開が待ち望まれるところで、ここでの前評判によって将来性が見えてくると考えられます。


アリス(ALIS)はマイニング(採掘)できる?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインの特徴として、ブロックチェーンの継続のために必要な計算をこなすことで、その見返りとしてビットコインそのものがもらえるという仕組みがあります。これを「マイニング(採掘)」と呼びます。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は規定量に達するまで、マイニングされるほど増え続けるということになります。

供給量が増えれば、一単位ごとの通貨価値は下がって行きます。

一方で、アリスは現状、マイニングとは無縁の存在です。

というのも、アリスは決済や送金を目的としたプラットフォームではなく、あくまでもソーシャルネットワーク・メディアのプラットフォームだからです。

では、どのように報酬を得るのかというと、アリスのプラットフォーム上で良い記事を書いたり、良い記事を探し出していいねをしたりします。

すると、その行為に対して、報酬としてトークン「ALIS」が配布されることになります。

アリス(ALIS)の特徴

アリスはソーシャルネットワークのプラットフォームで、広告やステルスマーケティングのない、信頼できるメディアを作り上げることを目的として開発されています。

このサービスは日本向けのもので、SEO対策などによって品質が低下している日本のメディアに取って代わる存在を目指しています。

2017年9月にICOが行われ、合計13,000ETHを集めており、2018年4月にはプラットフォームのβ版を展開。

10月には正式なサービスとして提供が開始される予定です。

そして、そんなプラットフォーム上で使えるトークンもまた「ALIS」という名前になっています。

ブロックチェーン技術を決済手段とだけ結びつけるのではなく、メディアと融合させたところが、アリスの特徴であると言えます。

まとめ

ICOのタイミングでは日本の投資家もトークンを購入することができました。

が、サービス公開前の現状では日本の取引所での扱いもないため、手に入れようとすれば海外の取引所を利用するしかないというのは、日本向けのプラットフォームとしては微妙な状況です。

今後、国内の取引所でもアリスを取り扱うところが増えることを期待したいところです。


各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-アリス, 仮想通貨一覧

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...