仮想通貨購入方法ガイド

ビットコインなどの仮想通貨が本当に儲かるかどうか解説します。また、さまざまな仮想通貨に関する仕組みや最新情報をどのサイトよりも分かりやすく解説します。

コインチェック 仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)のお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

2018/03/08

Coincheck(コインチェック)は「日本で一番簡単にビットコインを買える」ということをPRする、日本国内のビットコイン取引所のひとつ。

運営会社であるコインチェック社(元・レジュプレス社)は、もともと「STORYS.JP」という長文投稿サイトを運営する企業で、2014年8月にCoincheck(コインチェック)をスタートさせました。

現在では、Coincheck(コインチェック)の他に「Coincheck(コインチェック) payment」も運営しており、こちらは事業者向けにビットコイン決済導入支援を行うサービスとなっています。


【要注意】
取引所・販売所に購入した仮想通貨をそのまま置いておくのは大変危険な行為です。
資産として置いておきたい仮想通貨は、必ずハードウェアウォレットなどに移動させるようにしましょう。

なお、当サイトオススメのハードウェアウォレットはこちらの「Ledger Nano S」です。
ビットコイン・ライトコイン・イーサリウム・イーサリウムクラシック・リップルをはじめ、数多くの仮想通貨に対応しています。



【要注意】

2018/03/08追記:コインチェックに関東財務局より下記のような行政処分が出ております。


参考URL:http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp0130000001_00013.html

TOPページでも触れていますが、コインチェックはまだ金融庁の認可を受けていない「みなし仮想通貨交換業者」です。

よって、より安全に取引をされたい方は、金融庁の許可を受けた業者を利用されることをおすすめします。

当サイトオススメは、下記のDMMビットコインです。


参考:DMMビットコインのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

Coincheck(コインチェック)3つの特徴

現在、日本国内には複数のビットコイン取引所がありますが、coinchceckの特徴としては

・取り扱う仮想通貨が豊富
ビットコインで寄付ができる
・電気代をビットコインで支払える(地域限定)

という3つが挙げられます。

それぞれ、詳しく紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)は取り扱う仮想通貨が豊富

仮想通貨といえば、そのパイオニアであるビットコインが最も有名ですが、2017年現在では、その技術をさらに進化させた仮想通貨たち(アルトコイン)が複数存在しています。

ビットコインが当初から価値を大きく上げたのと同様、これらのアルトコインについても今後価値が飛躍的に上昇する可能性が秘められているため、投資対象としては魅力があります。

こうしたアルトコインを豊富に取り扱っているのがCoincheck(コインチェック)の特徴。

取引所で扱いがあるのは、ビットコイン、Ethereum、Ehtereum Classic、LISK、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcashで、2017年4月19日にはこれにNEM、Litecoin、DASHが加わりました。

Coincheck(コインチェック)ビットコインで寄付ができる

日本では「寄付」というと特定の人がするものという印象がありますが、アメリカなどでは寄付の文化が根付いており、この要因のひとつにアメリカには寄付のしやすい環境が整っており、一方、日本では寄付金の使用用途や寄付先などがどこか不透明で、寄付しにくい環境となっていると考えられます。

そんな中、Coincheck(コインチェック)では「寄付のしやすい」サービスとして、支援が必要な人に直接ビットコインを届けられる仕組みの寄付「Coincheck(コインチェック) donateons」をリリースしています。

ブロックチェーン技術を利用した直接送金のため透明性が担保されており、さらに実際の作業も、ビットコインウォレットまたはCoincheck(コインチェック)アカウントから、寄付先のビットコインアドレスビットコイン送金するだけと、簡単でスピーディなものです。

Coincheck(コインチェック)なら電気代をビットコインで支払える

Coincheck(コインチェック)では、ビットコイン決済を一般に浸透させるために、事業者向けにシステム導入を支援する「Coincheck(コインチェック) payment」というサービスを行っていますが、さらにそれを拡充するため、電気代をビットコインで支払えるサービスをリリースしています。

これは「Coincheck(コインチェック) でんき」と名付けられたもので、
・支払いは日本円だが、そのうち4〜6%がビットコインで還元される
・支払い自体をビットコインで済ませる(4〜6%電気代がお得に)
という2つのプランからいずれかを選択することができます。

Coincheck(コインチェック)でユーザー登録をすれば利用可能ですが、2017年4月現在の対象エリアは、東京電力・関西電力・中部電力の管内に限られています。今後、供給エリアは拡大予定ということです。

Coincheck(コインチェック)の料金(手数料)は?

Coincheck(コインチェック)でビットコインなどの仮想通貨を取引する際の手数料について紹介していきます。

2017年4月末現在、Coincheck(コインチェック)では手数料無料キャンペーンを行なっており、仮想通貨取引手数料は一切かかりません。当初、キャンペーン期間は3月末まででしたが、5月末まで延長されています。

タイミングによっては手数料がかからず、むしろ手数料分が還元される「マイナス手数料キャンペーン」も開催されていますので、取引する際はこうしたタイミングを狙うという手もあります。

また、取引手数料以外で気になるのが、日本円の入金手数料や出金手数料などです。

入金手数料は、Coincheck(コインチェック)が負担してくれるので、かかりません。一方、出金手数料は400円で、申請後1〜2日で振込が完了します。高速出金を利用すれば申請後3分前後で振込が完了しますが、手数料は756円となります。

そのほか、アカウント作成や管理には手数料はかかりません。

スポンサーリンク

Coincheck(コインチェック)のサポート体制は?

基本的にCoincheck(コインチェック)に対する質問などはお問い合わせフォームを利用して行い、対応時間は平日10:00〜18:00となっています。電話相談窓口は開設されていません。

ビットコイン取引所で電話対応等のカスタマーサポートをしている企業は、現状ではほどんど見受けられません。ある程度、自身で必要な情報を調べられる人でないとビットコイン取引をするのは厳しいというのが現実でしょう。

もちろん、主な疑問等はホームページのFAQを参考にすることで解消されますので、まずはCoincheck(コインチェック)のwebサイトをよく読んでおくようにしてください。

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判を調査

Coincheck(コインチェック)の良い口コミ

Coincheck(コインチェック)はスマートフォンで利用できるアプリをリリースしており、口座への入金さえ済ませておけば、iPhoneやAndroidを搭載したスマートフォンから各種仮想通貨を購入することができます。

このアプリの使い勝手がわかりやすく簡単であると非常に好評。外出先でも気軽に仮想通貨の取引ができるところがユーザーに受けているようです。

また、特徴のところでも紹介した、取り扱う仮想通貨の豊富さも高い評価を得ています。

Coincheck(コインチェック)の悪い口コミ

Coincheck(コインチェック)では入金手数料について「無料」としているのですが、これは銀行振込を利用した際の手数料で、振込の反映までに時間がかかります。

一方、コンビニ入金やクイック入金(ペイジー決済)を利用すれば、24時間リアルタイムな入金ができますが、こちらは756円の手数料がかかってしまいます。

他社では300円程度の手数料のところもあるため、これについては少し高いといった口コミも見受けられました。

Coincheck(コインチェック)の口座開設レビュー

Coincheck(コインチェック)でビットコインなど仮想通貨の取引をするためには、まずユーザー登録をしてから口座を開設しなければなりません。

ユーザー登録は、Facebookのアカウントを保有していれば、それを利用してすぐ終わります。今回は、メールアドレスを利用した登録の方法を紹介していきます。

-STEP1.メールアドレスでアカウント作成(1分)

図1

フォームにメールアドレスとログイン時に利用したいパスワードを入力し、アカウント作成ボタンを押します。するとそのアドレス宛に登録手続きのできるURLが書かれたメールが送信されます。これでアカウント作成は完了。ホームページにログインできるようになります。

-STEP2.電話番号認証(1分)

ログインはできますが、この状態では仮想通貨の取引をすることができません。そこで、本人確認を進めていきます。それにはまず、電話番号認証が必要となります。

図1

電話番号を入力してボタンを押すと、SMSで認証コードが送られてくるので、これを入力して認証しましょう。

-STEP3.個人情報入力、本人確認書類アップロード(5分)

※すでに登録してしまってるため、キャプチャー画面撮れませんでした、、、

氏名、性別、生年月日、居住地国、住所、職業、利用目的を入力。そして、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類とともに、IDセルフィー(提出書類と本人が一緒に写っている写真)のアップロードが必要ですので注意してください。

-STEP4.住所確認のハガキが到着(申請から1〜2営業日)

本人確認書類のアップロードまで完了すれば、入金や売買までが可能になります。

図1

その後、1〜2営業日で住所確認のハガキが届くと、本人確認は完了。全ての機能が利用できるようになります。あとは、ログインして日本円の入金を済ませれば取引を始めることができます。

スポンサーリンク

Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する前に

Coincheck(コインチェック)は、自ら「日本で一番簡単にビットコインを買える」と謳っているだけあって、初心者でもすぐに取引を始められるのが魅力です。また、取り扱う仮想通貨の数も豊富で、マイナーなアルトコインにも手が出しやすくなっています。

ただ、気をつけておきたいのはマイナーなコインほど急な値動きをしやすいということ。また、全く需要がないコインであれば、今後消失してしまう可能性があります。

アルトコインにはそれぞれが持つ特徴がありますので、その仕組みやメリット・デメリットを理解した上で取引をするようにしてください。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 11 レビュー
by eu2006asiaBlank Product Name

いろいろと取引所はありましたが、なぜここを選んだのかは単純に過去に大塚取締役の本をたまたま読んだことあるのでそこにしたというだけです。画面は見やすいので使いやすかったです。星2におとしたのはいつ出金できるのか不透明なのとNEM流失後の記者会見の歯切れの悪さで星を落としました。

by chico0311Blank Product Name

チャートがとても見やすいです。1時間~1年のチャートの変動をタップして見られるのが良いと思います。また、他の取引所にはない仮想通貨もあるのが魅力的でした。日本円を入金してから、コインチェックに反映されるまでの時間が短く、大きなチャートの変動がなくすぐに購入できるところがよかったです。

by 佐々木 孝宏Blank Product Name

コインチェックは騒動の大本なのであまりいいイメージは持てませんが、私自身1BTC10万円のころからお世話になっているのと手数料の高さでトントンといった評価です。しかし、日本のしっかりした会社でもあるので4をつけさせていただきました。

今回のホットウォレットからの、盗難騒動はある意味で仕方ないとは思う。が、金融庁ので調査で明るみになった、会社の資産と個人の資産の区別が無いというのは会社の体をなしていない。騒動でネムの取引を停止、強制決済するのは仕方ないが、何故個人の日本円も出金できないのだろうか?あまりにも杜撰。私も日本円が100万以上口座にあるので非常に心配している。

by ogataku1998Blank Product Name

取引のやりやすさやチャートの見やすさは平均点といったところだが、なにより取り扱っている仮想通貨の種類が豊富なのがとても良い。また、海外の取引所(binanceなど)と違い、それらのコインがBTCではなく円で買えるという点が非常に魅力的。確かに最近は出金もできず取引もロクにできない状況が続いているが、これはコインチェックに限らず不正アクセスが行われたらどの取引所でもこうなるはずなので、コインチェック自体が悪いわけでは無いと思う。とはいえ、記者会見などを見るに不安を覚えてしまうのも無理はないので星5の評価は与えられない。よって星4。

by chizuki430Blank Product Name

最初は、見やすくて取引しやすくて気に入っていました。手数料が高いのと、ビットコインか日本円でないと他に取り扱っている通貨に取引できないのが面倒です。今現在は、送金等何もかもが出来ない状態にあり大変不便です。

by ifeellove315Blank Product Name

とりあえず、今預けている自分のイーサリアム(元々は日本円で10万円分だったのが下落して58000円ぐらいになっているもの)が日本円との交換も出来ず、引き出しも出来ないのが納得いかない。不正流出したネムを所有していたならいざ知らず、ネム以外の仮想通貨に関しても取引停止になるのは異常なことなはずなのに、それに対する説明責任を果たしていない。国税局がもしこの逃げ切りを阻止できなかったとしたら、第二・第三のコインチェックが現れてもおかしくないので、とことん追求してもらいたい。

by yuji1071998Blank Product Name

1/26に仮想通貨NEMの流出があり、セキュリティーの甘さ・弱さが明らかになったからです。現在、NEMの流出の問題で保有中の他の通過に関してもビットコイン以外は全て取引が出来ない状況が続いており、資産を拘束されているような状態になっています。日本円の出金もできず、入金は受け付けるというこの対応にも大きな問題があります。

ネム流出問題で大きく騒がれた取引所ですが、取り扱い通貨の数が多く、とても魅力的な取引所だと思います。私はネムは購入していませんでしたが、取引が再開したら出金することなく、新たに複数の通貨を購入したいと思っています。今回問題となったセキュリティーに関しても、コインチェックだけの問題ではなく国内の取引所全部に言えることだと個人的には思っています。

サイトデザインも洗練されてわかりやすく、実際の取引でも使いやすかったです。ただし、今回のNEMの件ではセキュリティ対策の不備が指摘されており、現在のところ日本円を含めた全ての通貨で売買ができず、利確どころか損切りすらできない状態です。とにかくこういった業態でセキュリティに穴があるのは言語道断だと思いました。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 

各取引所の口コミレビュー大募集!

弊サイトでまとめている取引所の口コミレビューを大募集しています。

書いてくださる方はこちらから、各取引所のページへ行き
記事の一番下にあるフォームから投稿をお願いします!

-コインチェック, 仮想通貨取引所

人気の投稿

1
ビットコインは儲かるの?初心者向けに簡単に解説

ビットコインって儲かるらしい。 株でも最近仮想通貨関連銘柄やブロックチェーン関連 ...

bitFlyer同意 2
僅か5分bitFlyerの使い方購入レビュー

ビットコインを購入したいが、口座開設って手続きが複雑なのではないか?個人情報が漏 ...

bitFlyer同意 3
bitFlyerのお得なキャンペーン・評判・手数料・取り扱い通貨まとめ

仮想通貨の基軸とも呼ばれるビットコイン。まだまだ伸びる余地のあるものだけに「自分 ...